go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

檜作 洋平(助教)

専門分野
生化学、生物物理学
研究テーマ
細菌膜内切断プロテアーゼの機能発現機構及びその生理的意義の解明
代表的な論文・著書
  1. Akiyama, K., Hizukuri Y., and Akiyama, Y. Involvement of a conserved GFG motif region in substrate binding by RseP, an Escherichia coli S2P protease. Mol. Microbiol. in press (2017)
  2. Hizukuri, Y., Akiyama, K., and Akiyama, Y. Biochemical characterization of function and structure of RseP, an Escherichia coli S2P protease. Methods Enzymol. 584, 1-34. (2017)
  3. Akiyama, K., Mizuno, S., Hizukuri, Y., Mori, H., Nogi, T., and Akiyama, Y. Roles of the membrane-reentrant β-hairpin-like loop of RseP protease in selective substrate cleavage. eLife. 4, e08928. (2015)
  4. 檜作 洋平,秋山 芳展. 膜内部での蛋白質分解とストレス応答制御. 別冊「医学のあゆみ」 レドックスUPDATE ストレス制御の臨床医学・健康医学 (監修:平家 俊男,淀井 淳司) 医歯薬出版株式会社. 69-74. (2015)
  5. Hizukuri, Y., Oda, T., Tabata, S., Tamura-Kawakami, K., Oi, R., Sato, M., Takagi, J., Akiyama, Y., and Nogi, T. A structure-based model of substrate discrimination by a non-canonical PDZ tandem in the intramembrane-cleaving protease RseP. Structure 22, 326-336. (2014)
  6. Hizukuri, Y., Ito, K., and Akiyama, Y. RseP peptidase. In Handbook of Proteolytic Enzymes, 3rd ed. Rawlings, N.D. and Salvesen, G. (eds). Amsterdam: Elsevier Ltd, 1546-1550. (2013)
  7. Hizukuri, Y. and Akiyama, Y. PDZ domains of RseP are not essential for sequential cleavage of RseA or stress-induced σE activation in vivo. Mol. Microbiol. 86, 1232-1245. (2012)
  8. Saito, A., Hizukuri, Y., Matsuo, E.-i., Chiba, S., Mori, H., Nishimura, O., Ito, K., and Akiyama, Y. Post liberation cleavage of signal peptides is catalyzed by the S2P protease in bacteria. Proc. Natl. Acad. Sci, USA. 108, 13740-13745. (2011)
略歴
2009年 名古屋大学大学院理学研究科 博士(理学)取得
2009年 京都大学ウイルス研究所 特定研究員
2012年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2013年 京都大学ウイルス研究所 附属新興ウイルス研究センター 特定助教
2017年 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 生体膜システム分野 助教
連絡先
部屋番号 ウイルス再生研2号館 2階207号室
電話番号 075-751-3995
ファクス番号 075-771-5699
電子メール yhizukur + @virus.kyoto-u.ac.jp
リンク
生体分子動態化学分科紹介(京化サイト内)
ウイルス・再生医科学研究所 生体膜システム分野 紹介ページ
ウイルス・再生医科学研究所 生体膜システム分野 秋山研究室ホームページ

(最終更新日;2017年03月07日)

© Kyoto University 2008