go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

博士課程教育 学位申請

学位論文の審査には、指導教員を含む6名の教員が博士論文調査委員を務めます。論文博士の場合は、このうち主査・副査を除く2名が諮問担当委員となり、諮問による審査を行います。学生は2名まで希望審査委員を申し出ることができますが、調査委員の決定は化学専攻会議構成員(化学専攻構成員のうち、教授、准教授、講師からなる)による承認を得て、化学専攻の専攻運営委員会が行います。その後、公開公聴会を経て、博士論文調査委員による審査結果を基に化学専攻構成員が判定を行い、専攻運営委員会で検討し承認を行います。学生は自らの博士論文の合否判定および単位認定等に異議のある場合、専攻主任または(副)専攻主任に申し立てすることができ、申し立て事項は専攻運営委員会で検討されます。博士後期課程の最終的な修了認定は理学研究科会議で決定されます。

© Kyoto University 2008