go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

依光 英樹(教授)

専門分野
有機合成化学・有機反応化学・有機金属化学
研究テーマ
  1. 有機金属種を用いる有機合成反応の開発
  2. 遷移金属触媒を用いる有機合成反応の開発
  3. ヘテロ元素の特徴を活かした有機合成反応の開発
  4. 新反応の開発に基づく新規π共役系有機分子の創出
代表的な論文
  1. H. Saito, S. Otsuka, K. Nogi, H. Yorimitsu, “Nickel-Catalyzed Boron Insertion into the C2-O Bond of Benzofurans” J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 15315-15318.
  2. T. Yanagi, S. Otsuka, Y. Kasuga, K. Fujimoto, K. Murakami, K. Nogi, H. Yorimitsu, A. Osuka, “Metal-Free Approach to Biaryls from Phenols and Aryl Sulfoxides by Temporarily Sulfur-Tethered Regioselective C-H/C-H Coupling” J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 14582-14585.
  3. K. Gao, H. Yorimitsu, A. Osuka, “α-Arylation of Ketimines with Aryl Sulfides at a Low Palladium Catalyst Loading” Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 4573–4576.
  4. M. Bhanuchandra, K. Murakami, D. Vasu, H. Yorimitsu, A. Osuka, “Transition-Metal-Free Synthesis of Carbazoles and Indoles by an SNAr-based “Aromatic Metamorphosis” of Thiaarenes” Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 10234–10372.
  5. D. Vasu, H. Yorimitsu, A. Osuka, “Palladium-Assisted “Aromatic Metamorphosis” of Dibenzothiophenes into Triphenylenes” Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 7162–7166.
  6. T. Sugahara, K. Murakami, H. Yorimitsu, A. Osuka, “Palladium-Catalyzed Amination of Aryl Sulfides with Anilines” Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 9329–9333.
  7. K. Murakami, H. Yorimitsu, A. Osuka, “Practical, Modular, and General Synthesis of Benzofurans through Extended Pummerer Annulation/Cross-coupling Strategy” Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 7510–7513.
略歴・受賞
2002年    京都大学大学院工学研究科 博士課程修了
2002-2003年 東京大学大学院理学系研究科 博士研究員
2003-2008年 京都大学大学院工学研究科 助手(2007年より助教)
2008-2009年 京都大学大学院工学研究科 准教授
2009-2015年 京都大学大学院理学研究科 准教授
2015年-現在 京都大学大学院理学研究科 教授
この間
2012年-現在 科学技術振興機構 先導的物質変換領域 研究代表者(兼務)
2014-2016年 自然科学研究機構 分子科学研究所 客員准教授/教授(兼務)
2009年 日本化学会進歩賞
2011年 三井化学触媒科学奨励賞
2011年 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞
2016年 Mukaiyama Award
連絡先
部屋番号 理学部6号館659号室
電話番号 075-753-3983
ファクス番号 075-753-3988
電子メール yori + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
有機化学分科紹介(京化サイト内)
有機化学分科ホームページ

(最終更新日;2017年03月28日)

© Kyoto University 2008