go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

寺西 利治(教授)

専門分野
コロイド化学、ナノ材料化学
研究テーマ
  1. 無機ナノ粒子の精密合成と構造特異物性
  2. 無機ナノ粒子の精密空間配置
  3. 無機ナノ粒子の省エネルギー材料への応用
  4. 可視光水完全分解触媒の開発
代表的な論文
  1. T. Teranishi, M. Eguchi, M. Kanehara, S. Gwo (Highlight)
    “Controlled Localized Surface Plasmon Resonance Wavelength for Conductive Nanoparticles over the Ultraviolet to Near-Infrared Region”
    J. Mater. Chem., 21, 10238-10242 (2011).
  2. N. Sakuma, T. Ohshima, T. Shoji, Y. Suzuki, R. Sato, A. Wachi, A. Kato, Y. Kawai, A. Manabe, T. Teranishi
    “Exchange Coupling Interaction in L10-FePd/-Fe Nanocomposite Magnets with Large Maximum Energy Products”
    ACS Nano, 5, 2806-2814 (2011).
  3. K. Maeda, A. Xiong, T. Yoshinaga, T. Ikeda, N. Sakamoto, T. Hisatomi, M. Takashima, D. Lu, M. Kanehara, T. Setoyama, T. Teranishi, K. Domen (Hot paper)
    “Photocatalytic Overall Water Splitting Promoted by Two Different Cocatalysts for Hydrogen and Oxygen Evolution under Visible Light”
    Angew. Chem. Int. Ed., 49, 4096-4099 (2010).
  4. M. Saruyama, M. Kanehara, T. Teranishi
    “Drastic Structural Transformation of Cadmium Chalcogenide Nanoparticles Using Chloride Ions and Surfactants”
    J. Am. Chem. Soc., 132, 3280-3282 (2010).
  5. M. Kanehara, H. Koike, T. Yoshinaga, T. Teranishi
    “Indium Tin Oxide Nanoparticles with Compositionally Tunable Surface Plasmon Resonance Frequencies in the Near-IR Region”
    J. Am. Chem. Soc., 131, 17736-17737 (2009).
  6. T. Teranishi, M. Saruyama, and M. Kanehara (Minireview)
    “Seed-mediated Synthesis of Metal Sulfide Patchy Nanoparticles”
    Nanoscale, 1, 225-228 (2009).
  7. C. Li, R. Sato, M. Kanehara, H. Zeng, Y. Bando, T. Teranishi
    “Controllable Polyol Synthesis of Uniform Palladium Icosahedra: Effect of Twinned Structure on Deformation of Crystalline Lattices”
    Angew. Chem. Int. Ed., 48, 6883-6887 (2009).
  8. M. Kanehara, J. Sakurai, H. Sugimura, T. Teranishi
    “Room Temperature Size Evolution of Thiol-Protected Gold Nanoparticles Assisted by Proton Acids and Halogen Anions”
    J. Am. Chem. Soc., 131, 1630-1631 (2009).
  9. T. Teranishi, A. Wachi, M. Kanehara, T. Shoji, N. Sakuma, M. Nakaya
    “Conversion of Anisotropically Phase-segregated Pd/γ-Fe2O3 Nanoparticles into Exchange-coupled fct-FePd/α-Fe Nanocomposite Magnets”
    J. Am. Chem. Soc., 130, 4210-4211 (2008).
  10. M. Kanehara, H. Takahashi, T. Teranishi
    “Gold(0) Porphyrins on Gold Nanoparticles”
    Angew. Chem. Int. Ed., 47, 307-310 (2008).
略歴・受賞・役員
-1994   東京大学 大学院工学系研究科 博士課程 工業化学専攻
1994-2001 北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 助手
2001-2004 北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 助教授
2004-2011 筑波大学 大学院数理物質科学研究科 化学専攻 教授
2011-   京都大学 化学研究所 教授
2000-2003 科学技術振興事業団 研究員(兼務)
2010    京都大学 エネルギー理工学研究所 客員教授
2010    北海道大学 触媒化学研究センター 客員教授
1997 IUPAC第7回高分子金属錯体国際会議 ポスター賞
1999 日本化学会第76春季年会 講演奨励賞
2004 日本化学会コロイドおよび界面化学部会平成16年度 科学奨励賞
2006 Gold Conference 2006 "Best Presentation Award"
2003    電気学会 コヒーレント量子ビーム技術調査専門委員会 委員
2004-2006 電気学会 光量子場ナノ化学応用技術調査専門委員会 委員
2006-   日本化学会ナノテク・材料ディビジョン 幹事
2007-2008 電気学会 ナノ機能組織化とその評価技術調査専門委員会 副委員長
2007-2008 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 討論会委員
2007-2008 ナノ学会 ナノ学会会報編集委員
2007-2010 化学・バイオつくば財団 化学・バイオつくば賞選考委員
2007-   文部科学省 科学技術専門調査員
2009-2010 電気学会 先端量子ビームとナノ応用技術調査専門委員会 委員
2009-   日本化学会コロイドおよび界面化学部会 幹事
2009-   日本化学会コロイドおよび界面化学部会 事業企画委員会委員
2011-   電気学会 光・量子ビームによるナノダイナミクス応用技術調査専門 委員会委員
連絡先
部屋番号 化学研究所 核酸情報解析棟 Rm21
電話番号 0774-38-3120
ファクス番号 0774-38-3120
電子メール teranisi + @scl.kyoto-u.ac.jp
リンク
無機合成化学分科紹介(京化サイト内)
寺西研究室ホームページ

(最終更新日;2011年10月03日)

© Kyoto University 2008