go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

谷村 吉隆(教授)

専門分野
化学物理理論、統計力学
研究テーマ
  1. 凝縮相中分子の動的過程の理論的研究
  2. 分子分光理論の構築
  3. 散逸系の量子力学の基礎理論
代表的な論文
  1. Y. Tanimura, Real-time and imaginary-time quantum hierarchal Fokker-Planck equations, J. Chem. Phys. 142, 144110 (2015).
  2. Y. Tanimura, Reduced hierarchical equations of motion in real and imaginary time: Correlated initial states and thermodynamic quantities, J. Chem. Phys.141,044114 (2014). [2014 JCP Editors' Choice]
  3. Y. Tanimura and A. Ishizaki, Modeling, calculating, and analyzing multidimensional vibrational spectroscopies, Acc. Chem. Res. 42, 1270 (2009).
  4. Y. Tanimura, Stochastic Liouville, Langevin, Fokker-Planck, and master equation approaches to quantum dissipative systems, J. Phys. Soc. Jpn. 75, 082001 (2006).
  5. Y. Tanimura and S. Mukamel, Two-dimensional femtosecond vibrational spectroscopy of liquids, J. Chem. Phys. 99, 9496 (1993)
  6. Y. Tanimura and P. G. Wolynes, Quantum and classical Fokker-Planck equations for a Gaussian-Markovian noise bath, Phys. Rev. A43, 4131 (1991).
  7. Y. Tanimura and R. Kubo, Time evolution of a quantum system in contact with a nearly Gaussian-Markoffian noise bath, J. Phys. Soc. Jpn. 58, 101 (1989).
略歴
1986~1989 慶應義塾大学理工学部物理学専攻博士課程
1989~1991 イリノイ大学アーバナ・シャンペン校ベックマン研究所博士研究員
1991〜1994 ロチェスター大学化学科博士研究員
1994〜2003 分子科学研究所理論研究系助教授
2003〜 現職
受賞
平成14年 分子科学研究奨励森野基金
平成23年 フンボルト賞
平成25年 アメリカ物理学会フェロー
役員
日本物理学会 JPSJ編集委員(1998-2002)
日本物理学会 理事(庶務担当)(2002-2004)
連絡先
部屋番号 理学部6号館256号室
電話番号 075-753-4018(秘書)
ファクス番号 075-753-4018
電子メール tanimura + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
量子化学分科紹介(京化サイト内)
量子化学研究室ホームページ

(最終更新日;2015年04月17日)

© Kyoto University 2008