go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

齊藤 尚平 (准教授)

専門分野
構造有機化学・光化学
(液晶や高分子などの材料化学を含む)
研究テーマ
精密合成分子を基盤とした材料機能の開拓
代表的な論文
  1. S. Saito*, S. Nobusue, E. Tsuzaka, C. Yuan, C. Mori, M. Hara, T. Seki, C. Camacho, S. Irle, S. Yamaguchi, “Light-melt adhesive based on dynamic carbon frameworks in a columnar liquid crystal phase,” Nature Commun. 7, 12094 (2016).
  2. C. Yuan, S. Saito*, C. Camacho, S. Irle*, I. Hisaki, S. Yamaguchi*, “A π-Conjugated System with Flexibility and Rigidity That Shows Environment-Dependent RGB Luminescence,” J. Am. Chem. Soc. 135, 8842−8845 (2013).
  3. K. Nagura, S. Saito*, H. Yusa, H. Yamawaki, H. Fujihisa, H. Sato, Y. Shimoikeda, S. Yamaguchi*, “Distinct Responses to Mechanical Grinding and Hydrostatic Pressure in Luminescent Chromism of Tetrathiazolylthiophene,” J. Am. Chem. Soc. 135, 10322−10325 (2013).
  4. C. Yuan, S. Saito*, C. Camacho, T. Kowalczyk, S. Irle* S. Yamaguchi* “Hybridization of a Flexible Cyclooctatetraene Core and Rigid Aceneimide Wings for Multi-Luminescent Flapping π System,” Chem. Eur. J. 20, 2193−2200 (2014).
  5. S. Kawai*, S. Saito, S. Osumi, S. Yamaguchi, A. S. Foster, P. Spijker, E. Meyer, “Atomically controlled substitutional boron-doping of graphene nanoribbons,” Nature Commun. 6, 8098 (2015).
  6. S. Saito*, K. Matsuo, S. Yamaguchi*, “Polycyclic π-Electron System with Boron at Its Center” J. Am. Chem. Soc. 134, 9130−9133 (2012).
  7. S. Saito, A. Osuka*, “Expanded Porphyrins: Intriguing Structures, Electronic Properties, and Reactivities,” Angew. Chem. Int. Ed. (Review) 50, 4342–4373 (2011).
略歴・受賞・役員
2010年    京都大学大学院理学研究科 博士(理学)取得
2010-2016年 名古屋大学物質科学国際研究センター 助教
2012-2016年 JSTさきがけ研究者「分子技術」領域1期生
2016年-   京都大学大学院理学研究科 准教授
2016年-    JSTさきがけ研究者「光極限」領域2期生
2014年 英国王立化学会&日本化学会 第8回 PCCP Prize
2014年 コニカミノルタ画像科学奨励賞
2014年 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2015年 日本化学会 進歩賞
2016年 光化学協会 奨励賞
連絡先

電話番号 075-753-4010
ファクス番号 075-753-3970
電子メール s_saito(at)kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
集合有機分子機能分科紹介(京化サイト内)
集合有機分子機能研究室ホームページ
齊藤尚平 個人ページ

(最終更新日;2016年09月18日)

© Kyoto University 2008