go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

島川 祐一(教授)

専門分野
固体化学、 材料科学
研究テーマ
  1. 機能性酸化物材料の合成と物性研究
  2. 新規遷移金属酸化物の高圧合成
  3. 遷移金属酸化物薄膜のエピタキシャル成長
  4. 酸化物エレクトロニクスへ向けた新物質探索と新機能開拓
代表的な論文
  1. Y. W. Long and Y. Shimakawa (invited review paper), "Intermetallic charge transfer between A-site Cu and B-site Fe in A-site-ordered double perovskites", New. J. Phys., 12, 063029 (2010).
  2. S. Inoue, M. Kawai, N. Ichikawa, H. Kageyama, W. Paulus, and Y. Shimakawa, "Anisotropic oxygen diffusion at low temperature in perovskite-structure iron oxides", Nature Chemistry, 2, 213-217 (2010).
  3. Y. Shimakawa and M. Takano (invited review paper), "Charge Disproportionation and Charge Transfer in A-site Ordered Perovskites Containing Iron", Z. Anorg. Allg. Chem., 635, 1882-1889 (2009).
  4. Y. Shimakawa (invited review paper), "A-site ordered perovskites with intriguing physical properties", Inorg. Chem., 47, 8562-8570 (2008).
  5. S. Inoue, M. Kawai, Y. Shimakawa, M. Mizumaki, N. Kawamura, T. Watanabe, Y. Tsujimoto, H. Kageyama, and K. Yoshimura, "Single-crystal epitaxial thin films of SrFeO2 with FeO2 "infinite layers"", App. Phys. Lett., 92, 161911.1-3 (2008).
  6. H. Shiraki, T. Saito, T. Yamada, M. Tsujimoto, M. Azuma, H. Kurata, S. Isoda, M. Takano, and Y. Shimakawa, "Ferromagnetic cuprates, CaCu3Ge4O12 and CaCu3Sn4O12, with A-site ordered perovskite structures", Phys. Rev. B. (Rapid), 460, 420-421 (2007).
  7. D. Kan, T. Terashima. R. Kannda, A. Masuno, K. Tanaka, S. Chu, H. Kan, A. Ishizumi, Y. Kanemitsu, Y. Shimakawa, and M. Takano, "Blue-light emission at room temperature from Ar+ -irradiated SrTiO3", Nature Materials, 4, 816-819 (2005).
  8. M. Azuma, K. Takata, T. Saito, S. Ishiwata, Y. Shimakawa, and M. Takano, "A Designed New Ferromagnetic Ferroelectric Bi2NiMnO6", J. of Amer. Chem. Soc., 127, 8889-8892 (2005).
  9. Y. Shimakawa, Y. Kubo, Y. Nakagawa, T. Kamiyama, H. Asano, and F. Izumi, "Crystal structures and ferroelectric properties of SrBi2Ta2O9 and Sr0.8Bi2.2Ta2O9", Appl. Phys. Lett. 74, 1904-1906 (1999).
  10. Y. Shimakawa, Y. Kubo, and T. Manako, "Giant magnetoresistance in Tl2Mn2O7 with the pyrochlore structure", Nature 379, 53-55 (1996).
略歴・受賞
1987 京都大学大学院理学研究科修士課程修了
1993 京都大学博士(理学)
1987-2003 日本電気株式会社 基礎研究所
2003-   京都大学化学研究所 教授
1993-1994 米国アルゴンヌ国立研究所 客員研究員
2000    豪州シドニー大学 客員研究員
2000-2001 京都大学化学研究所 非常勤講師
2001-2002 名古屋大学大学院応用物理学科 非常勤講師
2003    東京工業大学大学院総合理工学研究科 非常勤講師
2009    欧州Erasmus Mundusプログラム リサーチフェロー
2009-2010 岡山大学大学院自然科学研究科 非常勤講師
2010    仏Rennes第一大学、客員教授
2010-2011 名古屋大学大学院応用物理学科 非常勤講師
1994 本多記念研究奨励賞
2000 MRS Fall meeting Best Poster Award
2001 粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
2007 トムソンサイエンティフィック 日本の優れたリサーチフロント
連絡先
京都大学化学研究所
〒611-0011 宇治市五ヶ庄 共同研究棟 CL-411
電話番号 0774-38-3110
ファクス番号 0774-38-3118
電子メール shimak + @scl.kyoto-u.ac.jp
リンク
固体化学分科紹介(京化サイト内)
島川研究室ホームページ

(最終更新日;2011年08月11日)

© Kyoto University 2008