go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

佐藤 良太(助教)

専門分野
ナノ粒子合成化学、ナノ構造化学、触媒化学
研究テーマ
  1. 無機ナノ粒子の精密合成
  2. 無機ナノ粒子の精密構造制御と構造特異物性の解明
代表的な論文
  1. T. Ihara, R. Sato, T. Teranishi, Y. Kanemitsu
    “Delocalized and Localized Charged Excitons Single CdSe/CdS Dot-in-Rods Revealed by Polarized Photoluminescence Blinking”
    Phys. Rev. B 2014, 90, 035309.
  2. M. Eguchi, D. Mitsui, H.-L. Wu, R. Sato, T. Teranishi
    “Simple Reductant Concentration-Dependent Shape-Control of Polyhedral Gold Nanoparticles and Their Plasmonic Properties”
    Langmuir 2012, 28, 9021.
  3. N. Sakuma, T. Ohshima, T. Shoji, Y. Suzuki, R. Sato, A. Wachi, A.  Kato, Y. Kawai, A. Manabe, T. Teranishi
    “Exchange Coupling Interaction in L10-FePd/α-Fe Nanocomposite Magnets with Large Maximum Energy Products”
    ACS Nano 2011, 5, 2806.
  4. R. Sato, M. Kanehara, T. Teranish
    “Homoepitaxial Size Control and Large-Scale Synthesis of Highly Monodisperse Amine-Protected Palladium Nanoparticles”
    Small 2011, 7, 469.
  5. C. Li, R. Sato, M. Kanehara, H. Zeng, Y. Bando, T. Teranish
    “Controllable Polyol Synthesis of Uniform Palladium Icosahedra: Effect of Twinned Structure on Deformation of Crystalline Lattices”
    Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 6883.
略歴・受賞
【学歴】
2004-2006 群馬工業高等専門学校専攻科 修了
2006-2008 筑波大学大学院数理物質科学研究科博士前期課程 修了
2008-2011 筑波大学大学院数理物質科学研究科博士後期課程 修了
2011    博士(理学)
【職歴】
2008-2011 日本学術振興会 特別研究員DC1
2011-2012 筑波大学数理物質系 研究員
2012-2015 京都大学化学研究所 助教
2015-   京都大学化学研究所 助教(所属変更)
【受賞】
2009.03 The 1st International Symposium on Interdisciplinary Materials Science (ISIMS-2009), Poster Prize
2009.05 日本化学会第89春季年会 学生講演賞
2009.09 第62回コロイドおよび界面化学討論会 ポスター賞
2010.09 日本化学会第4回関東支部大会 学生講演賞
2011.03 The 3rd International Symposium on Interdisciplinary Materials Science (ISIMS-2011), Excellent Poster Award
2013.09 第64回コロイドおよび界面化学討論会 ポスター賞
2014.04 日本化学会第94春季年会 優秀講演賞(学術)
2014.05 ナノ学会第12回大会 若手優秀ポスター発表賞
連絡先
部屋番号 化学研究所 核酸情報解析棟 RM-23
電話番号 0774-38-3121
ファクス番号 0774-38-3121
電子メール r-sato + @scl.kyoto-u.ac.jp
リンク
無機合成化学分科紹介(京化サイト内)
寺西研究室ホームページ
化学研究所

(最終更新日;2015年06月11日)

© Kyoto University 2008