go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

寺嶋 正秀(教授)

専門分野
分子科学、生物物理、分子分光
研究テーマ
  1. 生体タンパク質の反応機構解明
  2. 時間分解熱力学開発
  3. 時間分解拡散係数法開発
代表的な論文
  1. Time-Resolved Tracking of Interprotein Signal Transduction: Syn-echocystis PixD–PixE complex as a Sensor of Light Intensity. K. Tanaka, Y. Nakasone, K. Okajima, M. Ikeuchi, S. Tokutomi, M. Terazima, J.Am.Chem.Soc., 134, 8336-8339(2012).
  2. Transient dissociation of the transducer protein from Anabaena sensory rhodopsin concomitant with formation of the M state produced upon photoactivation. M. Kondoh, K. Inoue, J. Sasaki, J. Spudich, M. Terazima, J.Am.Chem.Soc., 133, 13406-13412(2011).
  3. Photoreactions of Aureochrome-1. T. Toyooka, O. Hisatomi, F. Takahashi, H. Kataoka, M. Terazima, Biophys.J., 100, 2801-2809(2011).
  4. Light-Induced Conformational Change and Transient Dissociation Reaction of the BLUF Photoreceptor Synechocystis PixD (Slr1694). K. Tanaka, Y. Nakasone, K. Okajima, M. Ikeuchi, S. Tokutomi, M. Terazima, J.Mol.Biol., 409, 773-785(2011).
  5. A way to sense light intensity: multiple-excitation of the BLUF photoreceptor TePixD suppresses conformational change. K.Tanaka, Y. Nakasone, K.Okajima, M. Ikeuchi, S. Tokutomi, M.Terazima, FEBS Lett., 585, 786-790(2011).
  6. Light-induced conformational change and product release in DNA repair by (6-4) photolyase. M. Kondoh, K. Hitomi, J. Yamamoto, T. Todo, S. Iwai, E. D. Getzoff, M. Terazima, J.Am.Chem.Soc., 133, 2183-2191(2011).
  7. Kinetics of conformational changes of the FKF1-LOV domain upon photoexcitation. Y. Nakasone, K. Zikihara, S. Tokutomi, M. Terazima, Biophys.J., 99, 3831-3839(2010).
  8. Oligomeric State-Dependent Conformational Change of a BLUF Protein TePixD (Tll0078). K.Tanaka, Y. Nakasone, K.Okajima, M. Ikeuchi, S. Tokutomi, M.Terazima, J.Mol.Biol., 386, 1290-1300(2009).
  9. Signal transmission through the HtrII transducer alters the interaction of two α-helices in the HAMP domain. K. Inoue, J. Sasaki, J. L. Spudich, M.Terazim, J.Mol.Biol., 376, 963-970(2008).
  10. Transient dimerization and conformational change of a BLUF protein: YcgF. Y.Nakasone, T.Ono, A.Ishii, S.Masuda, M.Terazima, J.Am.Chem.Soc., 129, 7028-7035(2007).
  11. The escape process of carbon monoxide from myoglobin to solution at physiological temperature. Y.Nishihara, M.Sakakura, Y.Kimura, M.Terazima. J.Am.Chem.Soc., 126, 11877-11888(2004).
  12. A novel method for study of protein folding kinetics by monitoring diffusion coefficient in time domain. T.Nada, M.Terazima, Biophys.J., 85, 1876-1881(2003).
  13. A spectrally silent transformation in the photolysis of octopus rhodopsin: a protein conformational change without any accompanying change of the chromophore's absorption.Y. Nishioku, M. Nakagawa, M. Tsuda, M.Terazima, Biophy.J., 80, 2922-2927(2001).
  14. Thermalization process after the relaxation of electronically excited states: intramolecular proton transfer systems studied by the transient grating method. T.Okazaki, N.Hirota, M.Terazima, J.Chem.Phys., 110, 11399-11410(1999).
略歴
-1986   京都大学大学院理学研究科博士課程化学専攻
1986-1990 東北大学理学部 助手
1990-1993 京都大学理学部 講師
1993-1995 京都大学理学部 助教授
2001-   京都大学大学院理学研究科 教授
2005-2007 分子科学研究所客員研究部門客員教授
受賞
1999年 光化学協会学会賞
2002年 日本IBM科学賞
2003年 日本化学会学術賞
2009年 井上学術賞
2012年 分子科学会賞
役員
2002-2004年 分子科学研究会委員長
2004-2006年 分子科学研究会副委員長
2004-2008年 分子科学研究所運営委員
2004-2006年 日本学術会議化学研究連絡委員
2005-2007年 光化学協会理事
2005-2007年 日本生物物理学会委員
2006-2007年 溶液化学研究会運営委員
2006-2008年 日本学術会議連携会員
2008年 Gordon conference on photothermal and photoacoustic phenomena, Chair, Ventura, USA
2008-2012年 新学術領域研究「揺らぎが機能を決める生命分子の科学」領域代表
2008-2014年 日本学術会議第3部連携会員 
2008-2014年 日本学術会議第2部生物物理学分科会会員・幹事
2008-2014年 日本学術会議・物理化学・生物物理化学分科会幹事
2010年- J.Photochem.Photobiol.C, Associate Editor
2010-2014年 ChemPhysChem, Editorial Advisory Board
2010-2011年 光化学協会理事
2010年- 溶液化学研究会運営委員長
2012年 Guest Editors of the International Journal of Thermophysics
2013-2015年 光化学協会理事
連絡先
部屋番号 理学部6号館473号室
電話番号 075-753-4026
ファクス番号 075-753-4026
電子メール mterazima + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
光物理化学分科紹介(京化サイト内)
光物理化学研究室ホームページ

(最終更新日;2013年12月06日)

© Kyoto University 2008