go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

水畑 吉行(准教授)

専門分野
有機元素化学 有機ヘテロ原子化学 有機金属化学
研究テーマ
速度論的安定化を利用した新規な含高周期典型元素化学種の合成とそれらの性質の解明
代表的な論文
  1. “Generation of 9-Stannaphenanthrene and Its Reactivities”
    Mizuhata, Y.; Takeda, N.; Sasamori, T.; Tokitoh, N. Chem. Lett., 2005, 34, 1088-1089.
  2. “Synthesis and properties of a stable 6-stannapentafulvene”
    Mizuhata, Y.; Takeda, N.; Sasamori, T.; Tokitoh, N. Chem. Commun., 2005, 5876-5878.
  3. “A Stable Neutral Stannaaromatic Compound: Synthesis, Structure and Complexation of a Kinetically Stabilized 2-Stannanaphthalene”
    Mizuhata, Y.; Sasamori, T.; Takeda, N.; Tokitoh, N. J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 1050-1051.
  4. “Syntheses and Structures of Platinum Siloxides Bridged by a Sulfur or Selenium Atom and a Unique 1,3-Aryl Migration from Silicon to Platinum through the Si-O-Pt Linkages”
    Tanabe, T.; Mizuhata, Y.; Takeda, N.; Tokitoh, N. Organometallics, 2008, 27, 2156-2158.
  5. “Synthesis and Properties of Stable 2-Metallanaphthalenes of Heavier Group 14 Elements”
    Mizuhata, Y.; Sasamori, T.; Nagahora, N.; Watanabe, Y.; Furukawa, Y.; Tokitoh, N. Dalton Trans., in press.
  6. “Stannenes, distannenes, and stannynes”
    Mizuhata, Y.; Tokitoh, N. in "Tin Chemistry: Fundamentals, Applications and Frontiers", ed. by Gielen M., Davies A. G., Pannell K., and Tiekink E., John Wiley & Sons, Chichester, in press.
略歴・受賞
2005-2006 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2006 京都大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程研究指導認定 京都大学博士(理学)
2006 京都大学化学研究所講師(研究機関研究員)
2006 京都大学化学研究所助手
2007 現職(教員組織変更)

第10回ケイ素化学協会シンポジウムポスター賞 (2005)
日本化学会第86春季年会学生講演賞 (2006)
第23回井上研究奨励賞 (2007)
第20回有機合成化学協会 研究企画賞(三菱化学) (2008)
連絡先
京都大学化学研究所 C-430号室
電話番号 0774-38-3203
ファクス番号 0774-38-3209
電子メール mizu + @boc.kuicr.kyoto-u.ac.jp
リンク
有機元素化学分科紹介(京化サイト内)
水畑吉行のページ

(最終更新日;2017年08月02日)

© Kyoto University 2008