go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

丸岡 啓二(教授)

専門分野
有機触媒化学、有機合成化学
研究テーマ
  1. キラル相間移動触媒のデザインと有用アミノ酸の実用的不斉合成
  2. 高性能有機分子触媒の精密デザインと選択的有機合成
  3. 二点配位型ルイス酸の化学と合成的応用
代表的な論文
  1. Y. Kawamata, T. Hashimoto, and K. Maruoka, “A Chiral Electrophilic Selenium Catalyst for Highly Enantioselective Oxidative Cyclization”, J. Am. Chem. Soc., 138, 5206 (2016).
  2. S. Shirakawa, S. Liu, S. Kaneko, Y. Kumatabara, A. Fukuda, Y. Omagari, and K. Maruoka, “Tetraalkylammonium Salts as Hydrogen-Bonding Catalysts”, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 15767 (2015).
  3. T. Hashimoto, A. O. Galvez, and K. Maruoka, “Boronic Acid-Catalyzed, Highly Enantioselective Aza-Michael Additions of Hydroxamic Acid to Quinone Imine Ketals”, J. Am. Chem. Soc., 137, 16016 (2015).
  4. S. A. Moteki, A. Usui, S. Selvakumar, T. Zhang, and K. Maruoka,“Metal-Free C-H Bond Activation of Branched Aldehydes with a Hypervalent Iodine(III) Catalyst under Visible-Light Photolysis: Successful Trapping with Electron-Deficient Olefins”, Angew. Chem. Int. Ed., 53, 11060 (2014).
  5. T. Hashimoto, Y. Kawamata, and K. Maruoka, “An Organic Thiyl Radical Catalysed Enantioselective Cyclization”, Nature Chem., 6, 702 (2014).
  6. T. Kano, F. Shirozu, and K. Maruoka, “Metal-Free Enantioselective Hydroxyamination of Aldehydes with Nitrosocarbonyl Compounds Catalyzed by an Axially Chiral Amine”, J. Am. Chem. Soc., 135, 18036 (2013).
  7. T. Hashimoto, Y. Takiguchi, and K. Maruoka, “Catalytic Asymmetric Three-Component1,3-Dipolar Cycloaddition of Aldehydes, Hydrazides,and Alkynes”, J. Am. Chem. Soc., 135,11473 (2013).
  8. T. Kano, Y. Hayashi, and K. Maruoka, “Construction of a Chiral Quaternary Carbon Center by Catalytic Asymmetric Alkylation of 2-Arylcyclohexanones under Phase-Transfer Conditions”, J. Am. Chem. Soc., 135, 7134 (2013).
  9. T. Kano, F. Shirozu, M. Akakura, and K. Maruoka, “Powerful Amino Diol Catalyst for Effecting the Direct Asymmetric Conjugate Addition of Aldehydes to Acrylates”, J. Am. Chem. Soc., 134, 16068 (2012).
  10. T. Kano, R. Sakamoto, M. Akakura, and K. Maruoka, “Stereocontrolled Synthesis of Vicinal Diamines by Organocatalytic Asymmetric Mannich Reaction of N-Protected Aminoacetaldehydes: Formal Synthesis of (–)-Agelastatin A”, J. Am. Chem. Soc., 134,7516 (2012).
略歴・受賞・役員
1973~1976 京都大学工学部工業化学科卒業
1976~1980 ハワイ大学大学院化学科修了, Ph. D.
1980~1985 名古屋大学工学部応用化学科助手
1985~1989 名古屋大学工学部応用化学科講師
1990~1994 名古屋大学工学部応用化学科助教授
1995~2001 北海道大学大学院理学研究科化学専攻教授
2000~   京都大学大学院理学研究科化学専攻教授
2009~   京都大学大学院理学研究科「有機触媒化学特別講座」を兼務
日本化学会進歩賞(1985年)
井上学術賞(2000年)
市村学術賞(2002年)
有機合成化学協会賞(2003年)
名古屋シルバーメダル(2004年)
グリーン・サステイナブル・ケミストリー賞(2006年)
文部科学大臣賞(2006年)
日本化学会賞(2007年)
モレキュラー・キラリティー賞(2007年)
ノバルティス・レクチャ-シップ賞(2007/2008年)
中日文化賞(2010年)
アーサー・C・コープ・スカラー賞(2011年)
紫綬褒章(2011年)
フンボルト賞(2011年)
東レ科学技術賞(2012年)
京都新聞大賞 文化学術賞(2012年)
高砂香料国際賞「野依賞」(2016年)
Organic & Biomolecular Chemistry誌編集顧問(2002~) 
有機合成化学協会理事(2005~2007)
英国王立化学会フェロー(2005~)
Chemistry: An Asian Journal誌編集顧問(2006~)
Chemical Communications誌編集顧問(2006~2007)
Chemical Communications誌編集理事(2007~)
The Open Organic Chemistry Journal誌編集顧問(2007~) Accounts of Chemical Research誌編集顧問(2009~)
The Chemical Record誌編集委員(2011~)
Advanced Synthesis & Catalysis誌編集顧問(2011~)
Tetrahedron Letters誌編集委員(2012~)
Asian Journal of Organic Chemistry誌共同代表及び編集委員(2012~)
日本化学会理事(2013~)
Chemical Communications誌編集理事(2014~)
インド化学会名誉フェロー(2014~)
日本化学会副会長(2017~)
特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」領域代表者(2005~2009)
特別推進研究「高性能有機触媒の創製と精密有機合成化学への応用」研究代表者(2009~2014)
基盤S「次世代型有機触媒の創製と実践的精密有機合成への応用」(2014~2018)
新学術領域「高性能ハイブリッド触媒系」の計画研究代表者(2017~2022)
連絡先
部屋番号 理学部6号館759号室
電子メール maruoka + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
有機合成化学分科紹介(京化サイト内)
有機合成化学研究室ホームページ

(最終更新日;2017年08月30日)

© Kyoto University 2008