go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

板東 俊和(准教授)

専門分野
ケミカルバイオロジー、生物有機合成化学
研究テーマ
機能性ピロールーイミダゾールポリアミドの設計と合成、その化学的機能評価
代表的な論文
  1. Yoshidome, T.; Endo, M.; Kashiwazaki, G.; Hidaka, K.; Bando, T.; Sugiyama, H.
 Sequence-Selective Single Molecule Alkylation with a Pyrrole-Imidazole Polyamide Visualized in a DNA Nanoscaffold.
 J. Am. Chem. Soc., 2012, 134, 4654-4660.
  2. Kashiwazaki, G.; Bando, T.; Yoshidome, T.; Masui, S.; Takagaki, T.; Hashiya, K.; Pandian, G.N.; Yasuoka, J.; Akiyoshi, K.; Sugiyama, H.
 Synthesis and Biological Properties of Highly Sequence-Specific Alkylating N- Methylpyrrole- N- Methylimidazole (PI) Polyamide Conjugates. J. Med. Chem. 2012, 55, 2057-2066.
  3. Takagaki, T; Bando, T.; Sugiyama, H.
 Synthesis of Pyrrole-Imidazole Polyamide Seco-CBI Conjugates with a Vinyl Linker recognizing 7 bp DNA sequence. J. Am. Chem. Soc., 2012, 134, 13074-13081.
  4. Park, S.; Bando, T.; Shinohara, K.; Sugiyama, H. Photo Controllable Sequence-Specific DNA Alkylation by Pyrrole-Imidazole Polyamide seco-CBI Conjugate. Biocojugate Chem. , 2011, 22, 120-124.
  5. Morinaga, H.; Bando, T.; Takagaki, T.; Yamamoto, M.; Hashiya, K.; Sugiyama, H. Cysteine Cyclic Pyrrole-Imidazole Polyamide for Sequence-Specific Recognition In the DNA Minor Groove. J. Am. Chem. Soc., 2011, 133, 18924-18930.
  6. Takagaki, T.; Bando, T.; Kitano, M.; Hashiya, K.; Kashiwazaki, G.; Sugiyama, H. Evalution of PI polyamide Conjugates With Eight-Base Pair Recognition and Improvement of The Aqueous Solubility by PEGylation. Bioorg. Med. Chem., 2011, 19, 5896-5902.
略歴
1998 徳島大学大学院薬学研究科後期博士課程修了
1998 徳島大学 博士(薬学)
1998 米国Scripps研究所 博士研究員
1999 東京医科歯科大学生体材料工学研究所 CREST博士研究員
2001 同大学 生体材料工学研究所 研究機関研究員
2002 同大学 生体材料工学研究所 助手
2003 同大学 大学院疾患生命科学研究部 助手
2004 京都大学大学院理学研究科 助手
2005 同大学 大学院理学研究科 助教授(2007年より准教授)
受賞
2003 有機合成化学協会 武田薬品工業研究企画賞
所属学会
日本薬学会、日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、日本癌学会、がん分子標的治療研究会、日本炎症再生医学会、アンチセンスDNA/RNA研究会
連絡先
電子メール bando + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
生物化学分科紹介(京化サイト内)
生物化学研究室ホームページ

(最終更新日;2013年09月09日)

© Kyoto University 2008