go to English now in Japanese
■京化■京都大学理学部化学科・京都大学大学院理学研究科学専攻

有賀 哲也(教授)

専門分野
表面物性化学
研究テーマ
  1. 半導体表面における巨大Rashba効果と界面スピントロニクス
  2. 表面相転移現象の機構
代表的な論文
  1. Y. Ohtsubo, S. Hatta, K. Yaji, H. Okuyama, K. Miyamoto, T. Okuda, A. Kimura, H. Namatame, M. Taniguchi, and T. Aruga, "Spin-polarized semiconductor surface states localized in subsurface layers", Phys. Rev. B 82, 201307(R) (4 pp.) (2010).
  2. K. Yaji, Y. Ohtsubo, S. Hatta, H. Okuyama, K. Miyamoto, T. Okuda, A. Kimura, H. Namatame, M. Taniguchi, and T. Aruga, "Large Rashba spin splitting of a metallic surface-state band on a semiconductor surface", Nature Commun. 1, 17 (2010).
  3. S. Hatta, T. Aruga, Y. Ohtsubo and H. Okuyama, "Large Rashba spin splitting of surface resonance bands on semiconductor surface", Phys. Rev. B 80, 113309 (4 pp.) (2009).
  4. T. Aruga, "Surface Peierls transition on Cu(001) covered with heavier p-block metals", Surf. Sci. Rep. 61, 283-302 (2006).
  5. T. Aruga, "Charge density waves on metal surfaces", J. Phys.: Condens. Matter 14, 8393-8414 (2002).
  6. T. Aruga and Y. Murata, "Alkali-metal adsorption on metals", Prog. Surf. Sci. 31, 61-130 (1989).
  7. 有賀哲也、八田振一郎、「表面系のRashba効果」、J. Vac. Soc. Jpn. 52, 577-581 (2009).
  8. 有賀 哲也、八田 振一郎、「結晶表面におけるパイエルス転移」、日本物理学会誌、63、 178-186 (2007).
略歴
1981-1986 東京大学大学院理学系研究科化学専門課程(物性研究所 表面物性部門)
1986-1992 東京大学理学部化学教室助手(化学反応講座)
1992-1993 同 講師(同)
1993-2004 京都大学大学院理学研究科化学専攻 助教授(表面化学分科)
2004-   同 教授(同)
2004    東京大学物性研究所 客員教授
2011    東京大学物性研究所 客員教授


2005-2008 文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員
2006-2008 東京大学物性研究所 共同利用施設専門委員会委員・外来研究員委員会委員
2006-2010 福井謙一記念研究センター スーパーバイザー
2011-  京都大学理学研究科 学術推進部長
2011-  日本物理学会領域9代表
連絡先
部屋番号 理学部6号館北棟271号室
電話番号 075-753-3978
ファクス番号 075-753-4000
電子メール aruga + @kuchem.kyoto-u.ac.jp
リンク
表面化学分科紹介(京化サイト内)
表面化学研究室ホームページ

(最終更新日;2012年05月02日)

© Kyoto University 2008